IT業界で働くということ

株式会社ハコブネが考える理想のエンジニア像

大企業でも倒産していく激震の世の中で、IT業界は着実に業績を伸ばしています。そこで、IT業界への転職を希望している人も大勢おられることでしょう。ですが巷では「若いとできない」「ひたすらプログラムを作っている」というイメージが先行していますよね。

そこで今回は、IT業界の内側や、求人先企業が求めているスキルなどをまとめました。無料でプログラミングが学べるサイトもご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

35歳定年説は本当か?

結論から申しますと、35歳定年説は「ある種、正しい」と言えます。

IT業界はまだ若い業界です。柔軟な反面、常に勉強し続けないとすぐに「古い人材」になってしまいます。また35歳を境に、体力も衰えてきます。

つまり日進月歩のIT業界で生き残るには、生存戦略を立てておく必要があるのです。

では学習能力も体力も落ちてくる35歳以降には、どのような働き方をすれば良いのでしょうか?

一つの見解として

「これまでの知識と経験を活かし、お客様や若手をサポートする職種」

をご提案します。たとえば下記のような働き方です。

  • 管理職×IT=開発ディレクター
  • 営業職×IT=開発営業

プログラミングを行うだけがIT業界の仕事ではありません。

あなたが存分に輝ける職種は数多く存在し、あなたに見つけてもらえる日を待ち望んでいるのです。

ただしある程度のITのスキルも必要です。

プログラマーという職業、特質がどんな感じかを理解することもとても重要だといえますし、自分がやってみて初めてその大変さを知ることができます。現場を知らずして誠実な営業も管理も行えませんよね。

現場の経験を積むためにも転職活動の一端としてプログラミング学習を開始することは、とても良いスタンスと言えます。

これからのIT業界で必要とされるスキル

IT業界で働くにあたって、職種に関わらず最低限のインターネットシステムを理解する力は必要です。お客様のご依頼内容を正しく受け取ることから、どのくらいの予算になり、どのような流れでどの程度の時間が必要になるかを考えるには、それなりの専門知識と経験が必要なためです。

ですが、それ以外にも、大切なスキルがあります。

  • 企画力
  • コミュニケーションスキルや傾聴スキル
  • 顧客対応スキル
  • コンプライアンスに対する意識
  • 語学力

上記のスキルは全て「プログラムを作るスキル」そのものではありません。 どんな仕事でも同じかもしれませんが、ITエンジニアが作り出すプログラムというものは、肉眼で目に見えるものではないからこそよりこのような能力が必要とも言えます。

IT業界で働く動機

IT業界に転職を希望している人は「システムやアプリを開発できる」と想像している人が多いでしょう。けれどもそれは仕事の一部にすぎません。

もちろん、「自分で手を動かして作り上げたアプリが納品されて実際に現場で使われることに喜びを感じる」ならプログラマーやエンジニアになることもやぶさかではありません。ただし未経験から現場で通用するエンジニアになろうとするのなら、初年度はかなり苦労すると考えておきましょう。

一方で、「みんなで一つのプロジェクトを成功させ、お客様に喜んでもらいたい」なら、開発ディレクターや開発営業を目指してみるのも一つの方法ではないでしょうか。プログラミングスキルよりも交渉能力やコミュニケーションスキルに重きを置くため、IT業界未経験でも比較的転職しやすいのが魅力です。 どちらにしても刻一刻と移り変わるIT業界において、継続的な勉強は必要不可欠です。そういった意味では、日々学び続ける姿勢を持っている人材は非常に重宝されますよ。

プログラミングを学べるスクールや講座

全くの初心者がプログラミングの知識0でIT業界に転職できる可能性はほとんどありません。まずは無料でプログラミングが学べるオンライン講座などもありますので、できることからやってみましょう。

  • ドットインストール
  • paizaラーニング
  • progate
  • スクール以外で学ぶ方法

また上記だけでなく、企業の研修プログラムに参加するのも一つの道です。

システムエンジニアやプログラマーは需要の割に人手不足のため、本格的な研修制度を設けている企業もあります。

求人に応募する前に、研修制度がないか問い合わせてみましょう。

なおハコブネでは現在就業中の人を対象に、初心者からエンジニアになるための研修プログラムを実施しています。研修開始から約3ヶ月でPHPの基礎を習得可能です。詳細はこちらから。

まとめ

「IT業界に転職=プログラマーになる」ではありません。

他にも様々な立場や職種の人がいて、それぞれに連携を取りながら仕事を進めているのです。これまでの経験や自分の個性を再検討して、本当に自分に適した職種は何なのかを考えてみてくださいね。

自己分析を慎重に行なった上で、まずは基礎となるプログラミングを学びましょう。ただし、これはスポーツで言うルールブックを読んだ状態に他なりません。サッカーでも野球でも、自主練と試合は別物ですよね。プログラミングスキルも同じこと。現場での経験を積むことが成長への近道なのです。満足せず、どんな形でもいいので現場に入ること。仕事をすることが大事です。一つでも多くの生きたコードを書いてください。